高校物理積み重なった2物体の摩擦力を介する運動②:下を

高校物理積み重なった2物体の摩擦力を介する運動②:下を 。結論から言うと、成り立ちますが注意しなければならないことがあります。力学ついて 荒い水平面上物体A,Bあり、ふたつ水平面上で弾性衝突た時、運動量保存され イマイチ外力働くの意味分かりません、例交えて高校物理積み重なった2物体の摩擦力を介する運動②:下を。定期試験?大学入試に特化した問題と解説。地上で静止した人の立場で立式する
。力積?運動量保存則を用いた別解。

結論から言うと、成り立ちますが注意しなければならないことがあります。運動量保存則は内力であれば保存され、外力であれば保存されません。したがって、なめらかな床上で同様の現象が起きたときは、運動量保存則が使えます。荒い床をA、Bが運動し、衝突をするとき、ふたつの物体は運動している間は常に床から摩擦力という外力を受け続けます。したがって、衝突から少しでも時間がたってしまうと、物体は動いた分の仕事量を床から受けてしまうため成り立ちません。しかし、物体の衝突直後はどうでしょうか。衝突直後とは、衝突したその瞬間から限りなく0に近い時間がたった後、という設定です。したがって、物体は衝突してから一切動いていないと考えることができる。このとき、一切動いていないため摩擦力も一切受けないので、外力は0となり、床が滑らかな時と同様に考えることができるのです。要約すると、衝突直後であれば成り立ち、衝突してから少しでも時間がたっていれば、衝突直後から動いた分の摩擦力を考慮する必要があります。参考時間がたっている場合は、衝突直後の運動エネルギーから摩擦によって失われたエネルギーを引いた値をmv2/2としてvを解くことで導出可能です。

  • アフターピル 事情によりアフターピルを飲むのが72時間を
  • ハイエース 大型バイクって高い分狙われやすい訳ですが防犯
  • ラーメン発祥 日本に伝わる前の中国の拉麺はどんなものだっ
  • 男癖の悪い スポーツ選手やほとんどの芸能人は不倫がバレる
  • 知ってますか 写真のカッコで囲んであるところがどういう意
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です