藤沢大庭教会 新約聖書のカナの婚礼の場面などじめイエス様

藤沢大庭教会 新約聖書のカナの婚礼の場面などじめイエス様。すみません、わかりません。素朴な疑問
新約聖書のカナの婚礼の場面などじめ、イエス様マリア様向かって「婦人よ、」語りかける場面いくつか なぜ、自分のお母さんなの、イエス様マリア様「お母さん」呼ばないで「婦人よ」など呼ぶのでょうか

実際イエス様当時、マリア様どんな風呼んでいたのか いうの当事者たちか分ないので置いておいて、聖書でような表記されているのか意味あるのでょうか 神のひり子だ自分の母親であって特別扱いせず、他の人間たち対等扱うため「婦人よ」呼んでいた などでょうか 聖マーガレット教会み言葉の礼拝。カナでの 婚礼こんれい 三日目みっかめに。ガリラヤのカナで 婚礼こん
れいがあって。イエスの 母ははがそこにいた。 イエスも。その 弟子でし
たちも 婚礼こんれいに 招まねかれた。 ぶどう 酒

藤沢大庭教会。ヨハネは。十字架上からイエスが女性たちに語りかけるという書き方をしてい
ますが。ここから想像すると「イエスが愛しここにいたのはイエスの母マリア
と。その姉妹であるクロパの妻マリア。そしてマグダラのマリアであったと書
かれキリスト教がどんなに神学を展開してイエスの死を美化しようとしても。
彼が最も悲惨な。凄惨な十字架刑という方法でイエスの死を美化して他人事の
ように見るのではなく。この場面に登場する誰に自分の姿を見出すことができる
のかを2019年7月のブログ記事一覧。さて。十字架の下では。そのような人間の罪にまみれた行いがなされていました
。同じ呼びかけがヨハネによる福音書の2章のカナの婚礼の場面でもありま
した。救い主として主イエスはふたたび「婦人よ」と語りかけられました。
の信徒への手紙でパウロが回使っているだけで。新約聖書には出てきません。

すみません、わかりません!いや、なんか聞いたことがあるような気もするけど、深く考えたことはありませんでした。実は、ヨハネ福音書の中で、キリストが女性に語り掛けるとき、すべて「γ?ναι」と言っています。女性、婦人、妻、女、いろいろに訳されていますが、いわゆる女です。ひとつはカナの婚礼の時。一つはサマリヤの女に語り掛けるとき。一つは受難の時にマリアさんにヨハネを示して「あなたの子です」というとき。一つは復活の後、墓に来た女が、誰かが遺体を運んでしまったと悲しんでいるとき。だから字面だけ見ると、「女よ」「ご婦人」と話しかけるのは何かごく普通のことで、何か特別の意味合いはなかったのではないかと思えなくもないです。ほかに福音書の中で「お母さん」「おばさん」とか呼びかける場面ってないですよね、確か。もちろん、そのあとの会話は子供が母親にする会話ではなく、特別の存在のあいだで成り立つ会話と思えるわけですが。マリアさんに「私の時は来ていません」と言った後、マリアさんはちゃんと会話が成立したかのように「この人の言う通りしてください」と周りに指示しています。なのでマリアさんはキリストのことはよくわかっていたのは間違いないとは思いますが。わたしの考えはこうです。イエス様は、神様とマリヤの間でお生まれになったお方です。したがって、イエス様は神さものお持ちの能力、権威をお持ちでした。また、マリアの持っている死ぬ身体、サタンの誘惑に遭う身でした。マリヤがイエス様にカナの婚礼でお願いしたのは、人間が人間いお願いするものでした。しかし、この状況でイエス様が奇跡を起こされるためには、神の力をお使いになる必要がありました。人間ではこの奇跡はできないからです。そこで、マリヤにそのことを知らせるために「婦人よ」と言われて、イエス様が神の子であることを思い出させたのだと思います。マリヤは、水がぶどう酒に変わったことには、驚いていません。イエスさまが神の子としての力を発揮されただけですから。このようなことは、イエス様の弟子や民衆に対しても行われています。それは、御自身が神の子であることを知らす上で効果的な方法だからです。イエス様は奇跡を起こすことでご自身がどのような方であるかをたびたび人々に示すのであって、決して名誉や虚栄心で行っているのではないのです。わたしたちもイエス様を神様の子として愛し、敬い、奇跡を起こされるお方として認めることが一番大切です。わたしたちにとって手の届かないほどの高貴なお方が、わたしたちのために命を捨ててくれたことをどれだけ感謝しても感謝しきれないのです。聖書を読むときに、このような目で読むなら、聖霊にがあなたの心に働いてイエス様の言葉を良く理解できると思います。聖書はイエスの十字架刑の教えとマリヤの処女懐胎の教えの二本が救いの柱となっています。そしてこの二本の救いは創造主の奇跡の力によるものである、で、イエスとマリヤが同席したカナの婚礼では、創造主の奇跡力が主役なので、マリヤの存在を消されているのです。人間の永遠に生きて成長を続ける魂の父母は創造主です。何〇回も輪廻転生をして何〇万年も生きる命の面倒を見て下さるのは創造主です。産みの親というのは何〇回の中の一回にすぎない。この宇宙的視野をはなれては自分の命の尊厳を見失うということです。人は夫々の魂の完成に必要な路を夫々の神と二人三脚で旅をしている。これを阿運神道アメン基教あみんあもん仏教のマントラ人、男の旅路といいます。トラベル=旅、トラトラトラの真珠湾攻撃で、勾玉を真珠に作り上げる目的を勝ち取る軍で、運命であります。―――ついでにーーーイエスの教え=自分の十字架精神で肉体を治める=辺、ノアの箱舟を運ぶものが私イエスにしたがう天国に迎えられるものである。マリヤの教え=人は腹の中で本当に自分を育てて天国に出産する妊婦生活をしているのである。人間=肉体の門の中でSUNのSONとして日の光を育てれば闇に光が認められて天に結晶して星になる、天国の鍵、漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめぶどう酒の意味が、贖罪の為にながす「血」を表してます。その時には、人としての血ですが、神としての清さが必要です。ぶどう酒の事での事なので、神様が「お母さん…」って言ったらおかしいがです。神であるイエス様に、母は必要ないからでしょうね。マリアを崇拝しようとする人は、当時から居たようですよ。イエス様は、それを避けようと戒められました。↓『イエスがこれらのことを話しておられると、ある女が群衆の中から声高らかに言った。「なんと幸いなことでしょう、あなたを宿した胎、あなたが吸った乳房は。」 しかし、イエスは言われた。「むしろ、幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である。」ルカによる福音書 11:27 – 28 新共同訳それにしても、「イエス様を身籠られた瞬間から、穢れが一切なくなった」とされるマリアなのに、なぜ、イエス様は、一般人のように扱い、マリアを穢れのない人として特別扱いしなかったんでしょうかね?ぺテロやヨハネたちも。イエスはあくまで「神の子?であり、マリアはイエスが人間として地上で生活する間の「仮?の母親だからではないでしょうか。

  • 新着記事一覧 昭和の頃は左折時にキープレフトしてたから後
  • 太陽に関するご質問 例えば地球の重力は地球の質量に合わせ
  • 夫の風俗通い 旦那の不貞風俗通いと不特定多数の浮気を産後
  • ある日突然 使った次の日に全身が痒くなり出しました
  • 住民票って 私の勤務先では住民票を移さないと交通費が出な
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です