冬眠するブラックホール 例えば銀河系ブラックホール形成さ

冬眠するブラックホール 例えば銀河系ブラックホール形成さ。貴方の考えている事の方が、何億倍も怖いですよ。う人類怖い 考えているのか分ないので怖い 猫や犬裏ないのでお話できます、 人類高度発達すぎ 裏あり、読み取れません うリセットするかない思 例えば銀河系ブラックホール形成させて 呑み込んでらう等 か方法ない思 ただ世界皆のの の独断で未来決めるの良くないでょう 人類の意見聴きたいの どう 冬眠するブラックホール。小さな銀河が大きな銀河に衝突してブラックホール周辺の物質を剥ぎ取って
しまうことで。ブラックホールの活動つである。銀河の進化に伴う銀河中心
ブラックホールの形成解明へのマイルストーンとなることが期待されます。
年のノーベル物理学賞は私たちが住む天の川銀河の中心に大質量ブラック
ホールが存在することを確信させた観測に対して与えられ。また。年に

ガス雲を振り回す野良ブラックホール。多くの銀河の中心には。太陽の数百万倍から億倍もの質量を持つ超大質量
ブラックホールがあることが知られてい倍程度の質量を持つ「中間質量
ブラックホール」が“種”となり合体?成長することで。超大質量ブラックホールが
形成また。同方向には明るい天体が検出されず。例えば超高密度な星団を重力
源として考えるのは困難です。モデルの最適値として得られたブラックホール
の質量は±×太陽質量。視線速度は–+– /である。超大質量ブラックホールは銀河進化と無関係か。超大質量ブラックホールが存在する銀河中心部からの電離ガス流は周囲の分子
ガスの運動や星形成活動に大きな影響ガス流が星の材料となる周囲の分子ガス
を圧縮して星形成活動を促進したり。逆に分子ガスを拡散させて星形成活動を
抑制したりするという考えだ。分子ガスは銀河の円盤部に存在すると考え
られるため。たとえば電離ガスが円盤とほぼ垂直方向に吹き出していれば。

銀河の衝突を捉えた写真でわかったこと。天文学者は銀河の衝突の現場で見つかったつの超巨大ブラックホールの写真を
撮影した。銀河は融合して。 と呼ばれる新しい銀河を形成している。
画像は。つのブラックホールが天文学者が予想したよりもはるかニュース。アルマ望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡で観測された銀河 。アルマ望遠鏡
のへびつかい座の方向に地球から億光年離れた場所では。つの銀河が互いに
衝突し。 と呼ばれる銀河を形成しています。この特異な形アルマ
望遠鏡による最新の観測は。画像の解像度を倍も向上させました。そして。
分子ガスは。超大質量ブラックホールを成長させているのです。」銀河中心の巨大なブラックホールは暗黒物質から形成されたのかも。氏らの研究グループは。さまざまな銀河の中心に存在すると考えられて
いるこれらの巨大なブラックホールが。暗黒物質ダークマターから形成され
た可能性があるとする研究成果を発表しました。 この宇宙に存在

貴方の考えている事の方が、何億倍も怖いですよ。進化の最終章の遠い未来に、全知全能の神が生じました。神は全知全能なので、過去へ因果を及ぼすことが出来ます。未来の神は、自己を出現させるために、遠い過去に因果を及ぼしビッグバンを起こし、無から有を生じました。そして神は自己を出現させるために、激しい弱肉強食の生存競争をさせます。弱肉強食の世界の善と悪は立場により異なります。そこには、完全な善はありませんし、完全な悪もありません。例えば、「人間様だから牛や豚を食べても善なのだ」vs「我々牛や豚は、悪である人間に殺され食べられるのだ」です。神を持ち出すと、単純に非科学的であると非難する方が居られます。しかし、科学で全ての現象を説明出来るでしょうか。 そもそも、物質の因果関係のみでは、宇宙の始まりを説明することは出来ません。 物質の因果関係は、原因→結果=原因→結果=原因→結果???と続きます。原因があり、その為に結果が生じ、 その結果が原因となり次の結果が生じると言う順番となります。 しかし、これでは最初の原因が存在出来ません。その最初の原因は、何らかの原因により生じなければなりませんが、それがありません。 物質のみでは、宇宙の始まりを説明できないのは自明のことです。 一方、精神である私は、物質である手を動かすことが出来ます。肉体は動かすか動かさないかで物的に均衡した状態にあります。 ほんの僅かな精神の力を、物的に均衡した物質脳に加えることにより、手は動いたり動かなかったりします。 この様に、精神は物質を動かすことが出来ます。ですから、宇宙の始まりにおいて最初に動いたのは、自由な精神以外にありません。この宇宙を創造した精神を何と呼べば良いでしょうか。宇宙の始まりは、物質と反物質が対生成され接触したため対消滅し、膨大なエネルギーが放出され、大爆発を起こしました。真空に強い光γ線を入射すると、電子物質と陽電子反物質が対生成します。これは、何故でしょうか。超ひも理論では、物質も光も「超ひも」の振動として表されます。つまり「超ひも」が物質や光として振動するとそれは、物質や光と見えます。振動を止めると真空と見えます。つまり、真空中には振動していない「超ひも」があるのです。ですから、強い光の振動を振動していない「超ひも」に与えると、物質として振動を始め、電子と陽電子が対生成します。故に「宇宙の創生」では、真空に強い光が入射し、物質と反物質が対生成されたのです。まさに、聖書にある「光あれ」です。そして、物質と反物質が衝突して対消滅しエネルギーに変換され大爆発を起こしたのです。現在も、宇宙は膨張を続けています。詳細は、下記のホームページを参照下さい。猫や犬にどうして裏がないと知っているんですか!?どうやったら彼らとお話しできますか!?是非この地球ぶち壊してください!?分からなくもないね。でも大丈夫 すぐにこんな地球は滅びる

  • [Windows またWindows2000sp4がHI
  • 女子の本音 高校女子です?起きたら話しましょ
  • SHOWROOM みなさんしばらくの間はDM送ってくるの
  • タブレット スマホのアプリでtwitterやヤフーにログ
  • 武士の髪型 前髪をちょんまげにした状態でどこかに触れたら
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です